読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジークの雑録日誌

ゲームや小説 アニメの評論など

ラノベの販売戦略に関する私見

前回の記事にも書いたようにラノベ市場では異なるレーベル間において価格競争が多くの場合においては起こらない。理由は読者のラノベ購入に関する効用(満足度)が著者の文章力やストーリー構成力(作品の出来)に依存するためである。

 

jeek-miscellaneous.hatenablog.com

 価格の高低は作品のページ数にも依存するが、その場合作品固有の価格になるためレーベル間の価格競争にはあたらない。レーベル間で価格競争が起こった場合でも50~60円の価格差になる場合がほとんとである。(ページ数がおよそ同じであるばあいのみ)

 10~20代を読者層として設定しているため文庫本で販売されることが多い。若年層にとって最も購入しやすい価格帯であるからだ。このため価格競争は起こると読者が作品を購入しなくなったり著者の収入(印税)が少なくなったりして執筆を辞める可能性がある。

 著者が収入を最大化するために必要なことはなにか。ラノベにおけるジャンルの市場調査である。ラノベにもジャンルが存在する。無数のジャンルの中から売れ筋のジャンルを選び、売れ筋ジャンルの中で最も売り上げの高い作品について研究すればよいのである。著者の独自性を出すために文章力やストーリー構成力を磨くのは当然だが。

 ラノベ作家こそ高い市場調査能力をもつことが求められている。