ジークの雑録日誌

ゲームや小説 アニメの評論など

報告があります

お久しぶりです。ジークです。

突然ですが、兼業作家を目指します。

個人の電子書籍出版への参入です。

参入を決意した理由はどうしても書きたい題材あるからです。ジャンルは、軍事・政治小説です。

じゃあ、新人賞に出せよ、と言う人もいるかもしれません。なぜ電子出版を決意したかといえば、epub電子書籍フォーマット)の技術的な障壁が大幅に下がったことが大きな要因です。これは非常に有益だと考えました。6月をめどに本稿を完成予定で活動を開始したいと思います。現時点では、BWインディーズ等の電書配信ストアへの納入を考えています。

 もう1つ理由があります。ソシャゲライタークオリアちゃん事件に影響されました。

商業媒体で出せたとしても販路の都合上、打ち切りになる可能性があるということです。

この時、「だったら最初から電子出版で出せばいいのではないだろうか」と。

商業媒体だと通常、紙で出版、続いて電書という形になります。

個人でやる分には逆でも良いのです。というか商業でもやってくれるとありがたいです。(電書先行の事例もありますがまだまだ少数です。)

具体的なプロセスとして、初めに、BWインディーズに納入し、その他のストア様についてはBWインディーズの売り上げデータに基づいて、販路拡大の可否を決定します。

 分量は400字詰め原稿用紙600から800です。

 挿絵はありません。副業として行うので本業の業務に支障のない範囲で頑張ろうと考えています。

 「承認欲求満たしたいだけならネット小説でも書いてろよ」それは違います。だって承認欲求で小説を書くなんて、本末転倒ですよね。休日の暇な時間とかだったら400字詰めで15枚以上書けるときもあるんです。

ミクロ経済学的に余暇の価値が高くなるのではないか?」

大丈夫です。むしろ休日の時間が今の私にとって生産的な時間だと感じられません。

無論、本業の効率を落とすことなく、両立させてみせます。

ちなみに小説家用のtwでは広報に徹するので感想はそのアカウントのDMで送ってくださいね。もし、2年以上ブログの更新がない場合は、組織勤めの喜びを知って、創作活動に時間を費やすことが空しくなったと思ってください。ではまた。